野口整体

2018年05月25日

各種健康法パートⅠ

 ④野口整体

   今回は、治療家野口晴哉氏が創始した整体法で野口整体にて述べていきます。

 ①気をおくり気を通して元気を呼び起こす「愉気法」

 ②一人で意識しないまま動く外路緊運動を訓練する「活元運動」

 ③2人で組んで活元運動をする「相互運動」

 ④人間の体癖を上下型、左右型、前後型、捻れ型、開閉型、遅速型の6種に分け

  各々のさらに緊張すると出るものと弛緩すると出るものの2種に分けて合計12種類に

  分類しそれを正すための整体体操を行うなどから成り、非常に有名で効果のある整体法で

  す。

    詳しくは梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930 

  大阪駅前第1ビルB2F

 

 

③操体法

2018年05月2日

各種健康法パートⅠ

 ③操体法

   今回は仙台の医師橋本敬三先生が考案された操体法について述べて行きます。

      体の歪みが発生すると→感覚異常機能異常器質異常病気

      以上のように体の歪みから最終的に病気になることもあります。

    そこで、戻すことによって体調の回復を促すのが操体法です。

    操体法の特徴は、踵、膝、骨盤、腰椎、胸椎、頚椎と順番に体を

    痛くない方向、気持ちの良い方向に動かして体の歪みをとり

    不健康、疾病体を健康体にしていく療法です。

    大変よく効く療法で一度マスターするとずっと使えます。

    後日の機会に詳しく述べたいと思います。

        詳しくは梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930 

  大阪駅前第1ビルB2F

 

②ストレッチ

2018年04月26日

各種健康法パートⅠ

 ②ストレッチ

  今回は、ストレッチの原理について述べていきます。

  皆さんの中には日頃腓腹筋痙攣(こむら返り)(ふくらはぎがつる)になって

  足の母趾をそって治った体験の方もいらっしゃると思います。

  ストレッチの原理は、この痙攣と同じでゆるめたい筋肉(ストレッチしたい筋肉)に対して

  その拮抗筋を収縮してやればよいのです。

  腓腹筋痙攣で、ふくらはぎがつった時は、その拮抗筋の前脛骨筋(すねの筋肉)を

  収縮すればよいのです。

  具体的には、足の母趾を背屈すればよいのです。

  すると、ふくらはぎがストレッチされてゆるんでくるのです。

  本日は、ストレッチの原理について述べてみました。

  また、いつかの機会に有効なストレッチについて述べていきます。

  色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930 

  大阪駅前第1ビルB2F

 

①足裏健康法(フットリフレクソロジー)

2018年04月13日

各種健康法パートⅠ

 ①足裏健康法(フットリフレクソロジー)

  今回は、色々な健康法について述べていきたいと思います。

  まずは、足裏健康法より述べていきます。

ⅰ)足裏健康法は、もともと鍼灸が出現する前から存在していたと  

      思われます。

  幻の名医、華陀が考案したとも言われていて大変歴史のあるものです。

  東洋医学の「部分は全体の縮図」の理論にのっとり足に全身を投影しています。

ⅱ)足裏には、五臓六腑をはじめ目、耳、鼻、あるいは大脳、脳下垂体、三叉神経の反射区が

  あり、また足の内側は脊柱(頚椎、胸椎、腰椎、仙椎)があり、足の外側には関節

  (肩、肘、股、膝)があり、足背には胸部、横隔膜等があります。

ⅲ)肩こり、腰痛、膝痛、冷え症でお困りの方は是非当院で受診してみて下さい。 

  色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930 

  大阪駅前第1ビルB2F

2018年 4月1日 ―特別講演記念号―

2018年04月1日

    2018年 4月1日 ―特別講演記念号―

  関西医療学園校友会柔整部会、鍼灸部会合同にて

  私、鎌田は3月31日午後2時より午後5時まで「フットリフレクソロジーの臨床応用」の

  タイトルで講演会を行ないました。

  フットリクレクソロジーを使って「肩こり」「腰痛」「膝痛」「胃炎」「耳鳴り」

  「冷え症」などの疾患について有効な実技を披露しました。

   また、「アトピー」「認知症」などのアプローチについても行いました。

   多数の柔整師、鍼灸師約80名が参加して盛大に行われました。

 

骨盤矯正

2018年03月24日

運動学パートⅠ

 ⑩姿勢と姿勢―根本改善としての骨盤矯正

  一般的に産後の女性の場合は骨盤が広くなっていて

  足腰が不安定になっています。

  そこで、歩行時骨盤ベルトをして歩行すると非常に足、膝がスムーズに前に出ます。

  このように、骨盤は正しい歩行と姿勢に非常に重要な役割をしています。

  当院では、外反母趾の矯正や足関節並びに腰の緊張をとり可動域を良くしてから

  根本治療として骨盤のズレ、ゆがみを調整する骨盤矯正を行なっています。

  骨盤矯正によりO脚、膝の痛み、腰痛、肩こりの改善が見られます。

  また、姿勢も良くなり、歩行もかろやかになります。

  是非、根本治療としての骨盤矯正を受けられることをおすすめいたします。

  色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930 

  大阪駅前第1ビルB2F

O脚のケアー

2018年03月13日

運動学パートⅠ

 ⑨姿勢と歩行―O脚の原因と対策

  両脚が外側に開く様に変形し、膝と膝との間が開いている状態を言います。

(原因)1、骨盤を歪ませる坐り方、脚を組んで坐る。あるいは横坐り

    2、出産により骨盤が開いてしまう

    3、内股歩き

    4、足の変形

          外反母趾

          偏平足 

          浮き足

    などが考えられます。いずれも脚の内側の筋肉が弱くなることが

    O脚の原因と考えられます。

(対策)

    ①骨盤矯正をして骨盤が開かないようにする。

    ②外反母趾、偏平足等の治療をする。

    ③脚の内側の筋肉を鍛える。

    等が、考えられます。

色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

**************************************

【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

℡ 06-6345-2930 

大阪駅前第1ビルB2F

 

 

 

偏平足に注意!

2018年02月28日

 運動学パートⅠ

⑧姿勢と歩行―偏平足に注意

 足の縦のアーチが低下した状態で土踏まずが消失した場合を言います。

 また、長時間の立位労働や肥満による足への負担から起きることも多いです。

足の縦アーチの改善として

 ①裸足で歩くことにより足の指先を使うことも有効です

 ②タオルギャザー

  床にバスタオルを敷いて足の指で引き寄せる。

  5~10回します。

 ③両足つま先立ち

  5秒間を10回繰り返す

 ④青竹踏み

  日に適宜すると良いです。

 ⑤テーピング固定などがあります。

色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

**************************************

【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

℡ 06-6345-2930 

大阪駅前第1ビルB2F

外反母趾は歩き方が大事

2018年02月23日

外反母趾は足の親指でしっかり歩くこと

 運動学パートⅠ

⑦姿勢と歩行―外反母趾は歩き方が大事

 外反母趾があると歪みが上に上がってきて膝関節痛、O脚、腰痛、肩こりの

 原因となります。

 充分に気をつけたいものです。

 足には、外側と内側の縦のアーチと横のアーチがあります。

 アーチをうまく使った歩き方が大事です。

 

1、正しい歩き方で予防しましょう

  具体的には踵の前で着地したからすぐに体重を足の外側に移動し(外側の縦アーチ)

   足の小指の付け根のあたりを通ってから親指に体重を乗せます。(内側縦アーチ)

  このようにアーチを使った歩行が大切です。

 

2、ハイヒール、サイズの小さい靴などはつま先に負担がかかったり、足を圧迫して

    外反母趾を引き起こしやすいので履かないようにしましょう。

 

 3、テーピング固定をする。特に縦2本と横のアーチを改善します。

  (詳しくは当院へお越し下さい)

 

 4、漢方的には、甘い物を食べすぎないようにしましょう。

                           以上

色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

**************************************

【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

℡ 06-6345-2930 

大阪駅前第1ビルB2F

外反母趾に注意

2018年02月15日

 運動学パートⅠ

 ⑥姿勢と歩行―外反母趾に注意

今回は、非常に良く見かけられる外反母趾について考えてみます。

外反母趾は、男女比は1:10で圧倒的に女性に多くほとんどの女性に見られると思われます。

ハイヒールを履く習慣や歩き方が悪い場合、はたまた東洋医学的には甘いものの食べ過ぎに

よって脾経が弱ってなるとも言われています。

それでは、本論に入って行きます。

   外反母趾 1

定義    足の親指が小指側に変形し「くの字」になる状態を言います。

原因  1、ハイヒールなどによる

      ヒールを履くと踵で歩けずに前足部に体重が乗り、足が横に広がり

      足の横のアーチが崩れるためになる。

      又、足に合わない靴も同様に足を圧迫して外反母趾の原因となります。

    2、歩き方の癖

      踵から着地せずにつま先や足全体を地面につけて歩くと足の母趾に

      負担がかかりなります。

    3、ほとんど靴を履いており裸足で歩いたり鼻緒のある下駄やサンダルで

      歩くことがなく足の横並びに縦のアーチが消失しやすくなり横幅の広い足や

      偏平足が増えていることも考えられています。

 

  東洋医学的考察

   外反母趾は、東洋医学滝には足の母趾の内側の脾経(脾臓、胃)が弱り

   外側の肝経に引っ張られて外反(小趾側に曲がっている)している。

   甘いものが好きな女性に多く見られる脾経を整えて胃の働きを良くする

   必要があります。

         色々とお尋ねしたい方は、梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に一度お越し下さい。

**************************************

【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

℡ 06-6345-2930 

大阪駅前第1ビルB2F


1 2 3 4 5