⑧小児喘息

2018年12月25日

2018年12月17日

⑧小児喘息

   (症状) 咳嗽、喘鳴(息をするときにヒュ-ヒュ-ゼーゼ-と音がする)

              呼吸困難が、年に数回起こる軽度のものから週に1~2回起こる重症まであります。

               喘息発作は夜から朝にかけて起こりやすい。

 

   (原因) 気温や天気が変化しやすい季節の変わり目やウイルスに感染して

     風邪をひいて発作が起こったり、花粉の刺激や抗原であるダニ、カビ

     などにより喘息発作を起こすことがあります。

 

   (鍼治療) 刺さない小児針で全身的に施術をし、特に上腹部の緊張をとると良いです。

 

 (セルフケア)原因となるホコリ、ダニを避け、急激な気温の変化に気をつけましょう。

        風邪をひかないよう気をつけてください。

 

          詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

    お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!