①子宮筋腫(原因症状編)

2018年09月10日

鍼灸編パートⅡ

①子宮筋腫(原因、症状編)

 原因

   主に子宮の平滑筋成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の作用によって

   平滑筋の一部がこぶ状になり大きくなった良性のの腫瘍です。

   生理があるうちは大きくなりますが、閉経するとそれ以上は大きくならず

   少し小さくなることが多いです。

   30代以上の女性は3割が子宮筋腫を持っていると言われています。

 症状

   ①生理痛がひどい。

   ②生理の量が多く、鉄欠乏性貧血になり放置すると動悸、息切れ、立ちくらみなどの 

    貧血症状がでる。

   ③下腹が膨れる。

    大きくなると10~20㎝程度になることもあります。

   次回は、東洋医学的アプローチについて述べて行きます。

   詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

   お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

  ℡ 06-6345-2930