2019年08月1日

2019年7月31日

 パーキンソンの中医学弁証について簡単に述べます。

弁証―血虚生風

 ①(原因)肝血虚(肝血不足)で経脈が栄養されないので

      肝の筋を主る機能が障害されて、筋肉の引きつれ、ふるえ(内風)を生じる。

 ②(症状)筋肉がピクピク痙攣するあるいは、突然手足の痙攣を生じる。

      手足にシビレを感じる。

 

      舌質:淡紅

      舌苔:少

      脈:細弱

 ③(鍼灸治療)

      処方―滋補肝血熄風

      太衝、風池―瀉法―(内風を消す)

      三陰交、膈兪、肝兪―補法―(肝血を補う)

   ※パーキンソンの筋の固縮に、後経穴が緩める作用が低下して

    蔵血能力の弱化により血の不足が生じて、筋肉を養うことが出来ないために

    起こしてると考えられます。

 

          詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院にお尋ねください。

        **************************************

      【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

      骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

      ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

 

2019年07月25日

2019年7月25日

 パーキンソンのリハビリについて簡単に述べます

1、身体の固い部分の改善として―関節可動域訓練、ストレッチをする。

  特に体をゆっくり左右にひねる。

  また股関節、膝関節の屈曲が困難になりやすいので注意する。

2、姿勢バランス訓練―歩行時や立位時の転倒を防ぐ

  ①片足立ち、つま先立ち、かかと立ち。

  ②前かがみ姿勢の改善としてうつ伏せ姿勢を1日1回する。

3、歩行訓練

  出来るだけ歩幅を大きくとり、手の振りを大きく体をひねるのを

  意識しながら歩く。

4、日常生活動作

  食事、トイレ、着替え、洗面、入浴などの動作訓練をする。

以上、大まかに述べてみました。 

 

詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院にお尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

2019年06月29日

2019年 6月29日

 今回は、パーキンソン病について述べます。

 パーキンソン病は1500人の1人がかかる疾患であると言われています。

 現在我が国の患者数は15万人から18万人と考えられています。

 高齢者に多く、病巣は大脳基底核、黒質でありドーパミンの代謝障害が

 原因とされています。

 臨床症状は筋の固筋、振戦、寡動、無動、仮面様顔貌、小刻み歩行、すくみ足現象や

 突進現象がみられます。

 立位や歩行時に、前かがみになって背中を丸めた姿勢になります。

 その他、流涎、便秘、多汗、起立性低血圧、抑うつ傾向がみられます。

 詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院にお尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

ひふみ脳梗塞リハビリ大阪梅田開設にあたって

2019年06月24日

此度、6月3日より大阪駅前第2ビル2階で、当院系列の

「ひふみ脳梗塞リハビリ大阪梅田」を開院しております。

脳梗塞、脳出血、その他、骨折、パーキンソン病の方の

運動麻痺、知覚麻痺、関節拘縮、筋力低下、歩行障害、ADLの改善のための

リハビリを行なっております。

既に、歩きやすくなったり、喋りやすくなった方がいらっしゃいます。

皆様方のお知り合いでお困りの方がいらっしゃいましたら、是非とも

当院にお問い合わせ下さい。

詳しくは一度梅ひふみ脳梗塞リハビリ大阪梅田にお尋ねください。  **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 ひふみ脳梗塞リハビリ大阪梅田】

  リハビリ、骨盤矯正、鍼灸治療、BOX型ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

⑩脳梗塞鍼灸治療パートⅢ

2019年05月30日

2019年5月21日

 ⑩脳梗塞鍼灸治療パートⅢ

  感覚区について述べます。

  部位・・・運動区の後方で1.5cmの所の平行線が感覚上で五分の一は下枝、

       頭軀幹感覚区、中五分の二は上肢感覚区、下五分の二は面感覚区である。

  作用・・・①感覚区上五分の一・・主に対側の腰腿痛、麻痺、感覚異常及び後頭、

       頚部疼痛、頭鳴など。

       ②感覚区中五分の二・・主に対側の上肢疼痛・麻痺・感覚異常。

       ③感覚区下五分の二・・主に対側の顔面麻痺、片頭痛、顎関節炎など。

       詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

       お尋ねください。

     **************************************

     【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

      骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

      ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

 

⑨脳梗塞鍼灸治療パートⅢ

2019年05月21日

2019年5月21日

⑨脳梗塞鍼灸治療パートⅢ

今回は、脳梗塞に有効な中国頭皮鍼療法を述べて行きます。

 主として、上肢、下枝の機能障害には運動区が用いられます。

 また、麻痺、感覚異常には感覚区が用いられます。

 ①運動区

  部位・・・運動区上点は前後正中線の中点より後方0.5cmにあり、また下点は

       眉枕線と耳介前部髪際前線と交叉する所にあり、上下両点の連なる線が

       すなわち運動区である。

       運動区の上五分の一は下枝・軀幹運動区、中間五分の二は上肢運動区

       下五分の二は面運区(又は語言一区)である。

  作用・・・⑴運動区上五分の一・・主に対側の下枝機能障害

       ⑵運動区中五分の二・・主に対側の上肢機能障害

       ⑶運動区下五分の二・・主に対側の中枢性顔面神経麻痺、運動性失語

       発音障害など

   詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

   お尋ねください。

   **************************************

   【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

    骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

    ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

⑧脳梗塞鍼灸治療パートⅡ

2019年04月30日

2019年4月30日

⑧脳梗塞鍼灸治療パートⅡ

 瘀血に対する処方を今回は述べて行きます。

 瘀血の特徴として

  痛み・・・刺痛、疼痛部位が一定、夜間痛がある。

  脉・・・濇

  舌室・・・青紫または紫斑 

  皮膚・・・サメ肌になりやすい

  その他・・舌下静脉の怒張をみる。

処方―活血化瘀

配穴―百会(瀉法)

   三陰交(瀉法)

   合谷(瀉法)

症状により太衝(瀉法)臨泣(瀉法)を追加する。

瘀血は外傷その他成人病(脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、癌、認知症)の改善に非常に大事なファクタ-となっています。

詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

⑦脳梗塞鍼灸治療パートⅠ

2019年04月27日

2019年 4月27日

⑦脳梗塞鍼灸治療パートⅠ

 脳梗塞は、中医学では瘀血(気滞瘀血)が原因と考えられています。

 瘀血は気の流れが悪くなり気滞となり、血の流れも悪くなったものです。

 例えば、女性の生理は定期的に瘀血を排出する働きですが、従って生理不順に

 なると瘀血がたまります。

 成人病の多くたとえば心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、高血圧などやその他認知症、癌、

 アトピー性皮膚炎なども瘀血が関与しています。

 健康生活を営む上で瘀血をためない事が大事です。

 そこで対策として

 1、気滞の原因となる精神的ストレス(不安、怒りなど)を

  取り気の流れを良くして瘀血がたまらないように、血の流れをスムーズにすること

 2、飲食に気をつけメタボにならないようにする。

 3、適切な運動をする。

  20分間少し早く歩くだけでも有酸素運動となり減量効果、血液循環の改善作用が

  あります。

 4、睡眠、休息を十分に取る。

  次回は、瘀血に対する鍼灸治療処方を述べて行きます。

  詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

  お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

⑥脳梗塞回復期・生活期のリハビリ

2019年03月29日

2019年 3月29日

⑥脳梗塞回復期・生活期のリハビリ

 今回は、回復期並びに生活期のリハビリについて述べて行きます。

ⅰ)回復期―発症後1ヶ月から6ヶ月までで

 理学療法としては

  ・起立訓練

   マット上の寝返り、起き上がり、座位バランス訓練

   歩行訓練、平行棒、杖使用

  ・痙縮(筋肉の過剰収縮)さらに拘縮(関節が固まる)に対するリハビリが必要となる。

   特に、痙縮には「ボツリヌス療法」が有効です。

 作業療法としては

  ・ADL訓練(食事、着替え、排泄、入浴)

   麻痺上肢の機能的作業療法

   片手動作

   利き手交換 

ⅱ)生活期―発症から6ヶ月以降

  通院ならびに自宅でリハビリをする。

  運動麻痺のリハビリでは麻痺のない側だけではなく、麻痺のある側をしっかり動かす。

  麻痺側の手や腕だけを使う「CI療法」があります。

  その他、麻痺した手足を繰り返し刺激することで麻痺の回復を促進する「川平法」もあり

  ます。

  詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

  お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!

 

⑤脳梗塞急性期リハビリ

2019年03月23日

2019年3月23日

⑤脳梗塞急性期リハビリ

 脳梗塞の発症後2週間~1ヶ月までを急性期

 発症後5∼6ヶ月までを回復期

 発症後6ヶ月以降を生活期と呼び、それぞれの時期にあったリハビリを行ないます。

 

 今回は急性期のリハビリについて述べてみます。

  ①発症後48時間以内に開始するのが良い

  ②早期離床のために体を動かす訓練をし、すみやかに運動麻痺の訓練を開始します。

  ③運動麻痺のリハビリ

   筋肉や靭帯などが障害されて関節が硬くなった状態

   いわゆる拘縮がみられ手足や指が曲がったままになるので、これを防ぐ他動運動

  (ストレッチ)を行なう。

   指を開くストレッチ

   手首を伸ばすストレッチ

   足首を反らせるストレッチ

   股関節を曲げるストレッチ

  ④移動のためのリハビリ

   症状が落ち着くにしたがい、寝返り動作、起き上がる訓練、座る訓練、

   車いすに乗る訓練を行う。

   詳しくは一度梅田にある一二三堂梅田整骨鍼灸院に 

    お尋ねください。

 **************************************

 【大阪市北区梅田1丁目 一二三堂梅田整骨鍼灸院】

  骨盤矯正、鍼灸治療、美容鍼灸、交通事故治療、

  ラドン付O₂カプセルなどお任せ下さい!


1 2 3 4 5 6